その他の家を売る際にかかる費用について

家を売る際には仲介手数料の他にも様々な費用がかかります。
例えば、印紙税です。売買契約書を作成する際に印紙を貼ることが求められています。その印紙には税金がかかり、売買金額に応じて変化します。一般的に一万円未満であれば印紙税はかかりません。しかし、売買契約が一万円以上であれば印紙税がかかります。金額が高いと10万円を上回るケースもあります。

印紙税だけでなく家を売る際にかかる費用として挙げられるのが、譲渡所得税になります。譲渡所得税は譲渡所得に利益が生まれた時に払う税金のことです。算出方法は売却額から購入費用や購入にかかった諸費用を引いた金額のことです。

電卓実際にこの譲渡所得がプラスの人は所得税を払うことになりますが、今では特別控除を受けることができ、更に売却額から3000万円を差し引くことができます。
それでも譲渡所得がプラスになる人は譲渡所得税を納めなければなりません。
もし残債がある人はその残りの住宅ローンを完済することが求められます。住宅ローンの残債はそれぞれのご家庭で異なります。

このように家を売る時には様々な費用がかかるのでできるだけ不動産に相談を受けたいと考える人も多いです。実際に不動産では相談サービスの受け付けなども行っています。